ニュース
» 2011年01月07日 15時45分 UPDATE

mixiのAPI、個人にも公開 スマートフォン版mixiアプリも開発可能に

ミクシィは1月7日、mixiのAPIを個人にも開放した。マイミク関係や「mixiボイス」と連携したWebサービスなどを、個人開発者が作れるようになる。スマートフォン版「mixiアプリ」も、個人開発者が構築・公開できるようにした。

[ITmedia]

 ミクシィは1月7日、mixiのAPIを個人にも開放した。マイミク関係や「mixiボイス」と連携したWebサービスなどを、個人開発者が作れるようになる。スマートフォン版「mixiアプリ」も、個人開発者が構築・公開できるようにした。

 mixiのプロフィール情報やマイミク一覧を取得する「People API」、mixiボイスへの投稿やつぶやき一覧の取得が可能な「Voice API」など7種類のAPIを公開した。開発者は、Webサービスや端末に、mixiの各機能を組み込める。同社は今後、機能のAPI化をさらに進めていく。

 mixiアプリは、PC/携帯電話版は個人でも開発できたが、スマートフォン版は法人のみだった。新たに、スマートフォン版アプリの開発も個人に開放した。

 2月に翔泳社が開く開発者向けイベント「Developers summit」で、mixiのAPIを使ったサービスを作ることをメインテーマにした「ミクシィ ハッカソン」を主催。mixiのAPIを設計した担当者や、Webの技術に詳しい開発者などがチューターとして参加する予定だ。

関連キーワード

mixi(ミクシィ) | API | 開発者 | mixi アプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -