ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年01月24日 08時26分 UPDATE

NANDフラッシュ市場は2011年に18%成長へ、アイサプライが予測

NAND型フラッシュメモリは、タブレットなどのデバイスの人気により、記憶媒体のデファクトスタンダードになってきているという。

[EE Times Japan]

 市場調査会社である米国のアイサプライは、2011年のNAND型フラッシュメモリの世界市場について、18%の成長を遂げて220億米ドル規模に達するとの予測を発表した。なおアイサプライは2010年に、HISによって買収されている。

 アイサプライによれば、NAND型フラッシュメモリは、タブレット型PCをはじめとする新しい民生機器の人気の高まりを受け、記憶媒体のデファクトスタンダード(事実上の標準)に位置付けられるようになってきたという。こうした傾向が、成長を後押しする要因となっている。NAND型フラッシュのビット換算の成長率は2011年に72%急上昇し、193億Gバイトに達する見込みだという。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。
執筆 Peter Clarke:EE Times (翻訳 田中留美、編集 EE Times Japan)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.