ニュース
» 2011年01月27日 18時22分 UPDATE

NECとLenovo、国内PC事業を統合 合弁会社設立、国内最大グループに

NECとLenovoがPC事業で合弁会社設立を正式発表。合弁会社がNECのPC事業子会社とレノボ・ジャパンを傘下にする形で統合する。

[ITmedia]

 NECと中国のLenovoは1月27日、日本国内のPC事業を統合する合弁会社を設立すると正式発表した。発足する「NEC レノボ・ジャパングループ」は国内最大のPC事業グループになるとしている。

 6月中をめどに合弁で持ち株会社「Lenovo NEC Holdings」(登記上の本社はオランダ)を設立する。出資比率はLenovoが51%、NECが49%。その傘下に100%子会社として、NECパーソナルプロダクツからPC事業を分離した新会社「NECパーソナルコンピュータ」と、レノボ・ジャパンが入る形だ。合弁会社は、NECパーソナルプロダクトの高須英世社長が社長に、レノボ・ジャパンのロードリック・ラピン社長が会長に就任する。

 NECは、Lenovoが発行する1億7500万ドル相当の株式を引き受ける形でLenovoに出資する。

関連キーワード

NEC(日本電気) | レノボ | 事業統合


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -