ニュース
» 2011年02月04日 18時36分 UPDATE

ねとらぼ:「仇討ちならアマゾン」から「世界を救うアマゾン公式サイト」まで

検索結果ページでよく見かける「〇〇ならアマゾン」のバリエーションがすごい。「スーパーハッカーならアマゾン」「毒殺ならアマゾン」など何でもありな状態で、Twitterで話題が盛り上がっている。

[ITmedia]
画像 Togetterに面白い例がまとめられている

 検索結果ページでよく見かける「〇〇ならアマゾン」というAmazon.co.jpの広告が面白いと、Twitterで話題になっている。「どうせならアマゾン」という意味がよく分からないものから、「毒殺ならアマゾン」などちょっと物騒なものまで、〇〇に入る言葉はもはや何でもありな状態だ。

 「〇〇ならアマゾン」は、検索結果ページに掲載されたリスティング広告。〇〇で検索すると、〇〇に関連したAmazon.co.jpのページへリンクされる。Twitterでは、デイリーポータルZの編集長・林雄司さん(@yaginome)の提案がきっかけで面白い○○が集まっており、ハッシュタグ「#naraamazon」やTogetterで、面白い投稿がまとめられている。

画像 妹ぺろぺろアマゾン公式サイトって何やねん

 いくつか例を見てみよう。「スーパーハッカーならアマゾン」「どうせならアマゾン」「腐ったならアマゾン」「カチンカチンならアマゾン」――と、バリエーション豊かだ。「毒殺ならアマゾン」「仇討ちならアマゾン」といった物騒な例も。怖いぞアマゾン!

 「〇〇アマゾン公式サイト」と表示されるパターンもあり、「世界を救うアマゾン公式サイト」などちょっと壮大な気持ちになるものから「明日はないアマゾン公式サイト」と哀愁ただよう例までいろいろ。果ては「妹ぺろぺろアマゾン公式サイト」まで。アマゾンは偉大である。

関連キーワード

面白い | Amazon | Twitter | Togetter | まとめ | ねとらぼ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -