ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年03月16日 12時35分 UPDATE

Twitterで「常時HTTPS接続」の設定が可能に

常時HTTP接続でTwitterにアクセスできる設定項目が追加された。

[ITmedia]

 Twitterは3月15日、ユーザーが常時HTTP接続でTwitter.comにアクセスできる設定を追加した。

 これまでもhttps://twitter.comからHTTPS接続は可能だったが、今回の変更では、設定の「ユーザー情報セクション」から「常にHTTPSのみを利用」を選択すれば常にHTTPS接続ができる。Twitterは、これによりセキュアでないWi-Fi接続などを利用する場合に、セキュリティが高まるとしている。既に多数のクライアントではこの設定がデフォルトになっているという。

 モバイル版(https://mobile.twitter.com)でHTTPS接続を使う場合は、Web版とは別に設定する必要がある。TwitterはWeb版とモバイル版の設定を一本化する方法に取り組んでいるとしている。

関連キーワード

Twitter | HTTPS | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.