ニュース
» 2011年04月14日 19時04分 UPDATE

「KeyHoleTV」が「サービス停止秒読み段階」に

P2P技術を活用して動画ライブ配信が行える「KeyHoleTV」が「サービス停止秒読み段階」になっているという。苫米地氏がブログで明らかにした。

[ITmedia]
photo KeyHoleTVサイト

 P2P技術を活用して動画ライブ配信が行える「KeyHoleTV」のサービスが「停止秒読み段階」になっているという。同サービスを運営するコグニティブリサーチラボの苫米地英人CEOがブログで明らかにした。

 KeyHoleTVはライブ動画の配信などを目的としたサービスだが、実際には日本のテレビ放送を海外で視聴するといった法的に微妙な利用のされ方をしているのが現状だ。

 東日本大震災の情報を求める海外在住の邦人が重宝しているという一方で、広告などがない完全無償の形で2004年から運営しており、10Gbpsレベルのネットワークやメンテナンスのための米国パートナー企業への支払いなどで月に100万円以上かかっているという。

 この費用は苫米地CEOが全額負担しているというが、「それだけの資金は、東北地方への直接支援などを優先すべきではの声も上がっている」。また米国パートナー企業もアクセス急増で作業負担、収支とも限界に達しているのが現状という。

 元々地上波アナログ放送が停波する今年7月までの実験プロジェクトだったこともあり、苫米地CEOは「アナログ波の同時再送信のみに事実上利用されているKeyHoleTVは、サービス停止が秒読みとなったと理解して欲しい」と述べている。

 サービスについては「今回の地震で遅延のないデジタル放送の重要性と、それが可能なことをKeyHoleTVが示めした」と評価。今後も研究開発を続け、また政府に地上デジタル放送の遅延問題の解決に向けて働きかけていきたいという。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。