ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2011年04月18日 18時15分 UPDATE

東芝、夏季休暇は「数週間程度」 事業所ごとに順番に取得

夏の電力不足対策として、東芝は数週間程度の長期休暇を事業所ごとに順番に取得するなどの節電策を実施する。

[ITmedia]

 東芝は4月18日、夏季の節電に向けて、事業所ごとに休暇を順番に取得するなどの対策を実施すると発表した。

 6月中旬から9月末までの間、夏季長期休暇を数週間程度、連続か1週間ずつで設定。事業所を複数のグループに分け、各グループが順番に休業する。

 長期の夏季休暇の替わりに、夏季以外の土曜休日を出勤日に振り替える予定。また夏季の土曜休日は平日に振り替える。電力消費の抑制が足りない場合、始業時間の前倒しについても検討する。

 製造の一部は夜間・休日にシフトするほか、製造・サーバの一部を東京電力・東北電力エリア外に一時的に移したり、開発設計者の一部の在宅勤務や西日本拠点への移動も検討する。

 東芝は「グループ全体として政府方針に沿った消費電力削減を目標にする」としている。夏場に見込まれる深刻な電力不足に対応するため、政府は大口需要家のピーク時電力使用量を前年比25%削減する方針を掲げている。

関連キーワード

東芝 | 夏休み | 電力不足


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.