ニュース
» 2011年04月21日 19時43分 UPDATE

児童ポルノ画像掲載サイトの強制ブロッキング開始

児童ポルノ画像が掲載されたサイトへのアクセスをISPや検索エンジンが強制的に遮断するブロッキングが始まった。

[ITmedia]

 児童ポルノ画像の流通防止のため、児童ポルノ画像が掲載されたサイトへのアクセスをISPや検索エンジンが強制的に遮断するブロッキングが4月21日、始まった。

 NECビッグローブ、NTTコミュニケーションズ、ソフトバンクBB、ニフティなど大手ISP 9社がブロッキングに対応。検索エンジンのgoo、Google、Yahoo!JAPAN、NAVERは、サイトを検索結果から除外する。

 参加各社が設立したインターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA)が、児童ポルノ画像掲載サイトのアドレスを提供し、各ISPと検索エンジンなどがブロッキングや表示除外を行う。ブロッキング対象になっている場合、ブロック対象になっているとのメッセージなどが表示される。

photo 表示されるメッセージ=OCNの告知より

関連キーワード

児童ポルノ | ISP | 検索エンジン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -