ニュース
» 2011年05月10日 17時13分 UPDATE

マーベラスエンターテイメントとAQインタラクティブ、ライブウェアが合併 新会社「マーベラスAQL」に

マーベラスエンターテイメント、AQインタラクティブ、ライブウェアの3社が10月1日付けで合併。新会社「マーベラスAQL」に。

[ITmedia]

 マーベラスエンターテイメント(東証2部上場)とAQインタラクティブ(AQI、同)、ライブウェアの3社は5月10日、10月1日付けで合併することで合意したと発表した。合併後、新会社「マーベラスAQL」が発足する。ソーシャルアプリやスマートフォン/タブレット端末の登場などでゲームを取り巻く環境は激変しており、経営統合で経営資源を集中、各社のコンテンツ、ユーザー基盤を活用して企業価値を高める。

 マーベラスを存続会社とし、AQIとライブウェアは消滅する。合併に当たり、AQI株1株に対しマーベラス株7株、ライブウェア株1株に対しマーベラス株6.2株を割り当てる。マーベラスは東証2部上場を維持。AQIは9月28日付けで上場廃止となる予定。

 マーベラスは「牧場物語」などのベームや音楽・映像作品の販売、「テニスの王子様」ミュージカルなどを手がける。AQIは家庭用ゲーム機向けのほか、「ブラウザ三国志」などブラウザゲームにも力を入れている。らibウェアは携帯電話向けコンテンツの開発を手がけ、各SNS向けに「牧場物語」を展開している。

 AQインタラクティブは、元セガ・エンタープライゼス社長の中山隼雄氏らが設立した企業が前身で、隼雄氏が21.38%を保有する筆頭株主。マーベラスの中山晴喜社長は隼雄氏の息子で、マーベラスの44.39%を保有する筆頭株主。ライブウェアの筆頭株主も隼雄氏。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -