ニュース
» 2011年05月20日 00時00分 UPDATE

Twitterにアディダス社員がスポーツ選手の来店情報、中傷的な内容 同社が謝罪

アディダスジャパンは、同社銀座店に勤務する社員が、同社契約選手の来店情報をTwitterに書き込み、流出させたとして、選手と選手の家族などに対し謝罪した。

[ITmedia]
photo アディダスジャパンの謝罪

 アディダスジャパンは5月19日、同社の「パフォーマンスセンター銀座店」(東京)に勤務する社員が、同社契約選手の来店情報をTwitterに書き込み、流出させたとして、選手と選手の家族などに対し謝罪した。社員から経緯を聞き、調査結果に基づき厳正に処分するという。

 社員は個人のTwitterアカウントで、スポーツ選手が銀座店に来店したことをツイート。その内容が選手とその家族に対して中傷的だったとして18日夜、ツイートが掲示板に転載された。その後選手がアディダスと契約していることが判明し、社員への批判が相次いだ。

 過去のツイートなどから本人の氏名が掲示板上で明らかにされ、SNSなどに掲載していた個人情報や、社員とその家族の写真がさらされるなど、19日にかけて“祭り”になっていた。社員はTwitterやSNSのアカウントを削除した。

photo 掲示板サイトには問題になったツイートなどが転載され、祭り状態になっている

 アディダスジャパンによると、契約選手と所属チームには既に報告し、謝罪した。同社は「スポーツブランドとしてあるまじき事であり、この事態を厳粛に受け止め、このようなことが繰り返されないよう、社を挙げて再発防止を徹底してまいります」としている。

 今年1月には、ウェスティンホテル東京内の飲食店のアルバイト店員が、スポーツ選手と芸能人がプライベートで来店した情報などをTwitterに投稿し、迷惑をかけたとして同ホテルが謝罪する騒ぎがあった。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -