ニュース
» 2011年05月24日 16時52分 UPDATE

スマートフォン、いつ買いました? 購入時期・機種でユーザー層に特徴

最初のスマホがiPhone 3G/3GSという「第1世代」は、スマートフォンの機能を幅広く使いこなす一方、ファッションや外見はあまり重視しない──博報堂DYのスマートフォンユーザー調査から。

[ITmedia]

 iPhone 3G/3GSが最初に購入したスマートフォンという「第1世代」は、男性が8割近くで平均年齢は約40歳、スマートフォンの機能を幅広く使いこなす一方、ファッションや外見はあまり重視しない──博報堂DYグループのスマートフォンユーザー調査で、こんな結果が出た。スマートフォンの購入時期で「世代」を3つに分け、それぞれの特徴を分析している。

 ネットによるアンケート調査で2月中旬、全国の10〜60代 515人に聞いた結果をまとめた。東日本大震災後の4月上旬にも、309人に震災後の利用状況を聞いた。

 調査結果では、最初に購入したのがiPhone 3G/3GS(2008年7月〜2010年6月ごろ)というユーザーを「第1世代」、iPhone 4(2010年6月ごろ〜現在)は「第2世代」、Android端末(2010年10月ごろ〜現在)は「第3世代」と分類。それぞれの特徴をまとめた。

photo 第1世代

 第1世代にとって、スマートフォンは「最新デジタルアイテム」。男性が多数派で、平均年齢も高め。スマートフォンの機能を幅広く使いこなし、モノを買う前に値段をよく比較したり、計画的な買い物をすることが多いスマートな消費スタイルを持つ。一方、ファッションや外見はあまり重視せず、見た目は気にしないという結果だった。

photo 第2世代

 第2世代にとっては「最新トレンドファッション」。男性が6割、女性が4割。都市部に住む人が多く、平均年齢は34.8歳と若い傾向にあった。スマートフォンはネットの使いやすさや使えるアプリの種類を重視して購入し、ネット閲覧・検索やSNSをよく利用している。写真の撮影・閲覧に活用する人も多い。ファッションや外見も重視し、楽しく面白いことが好き。気に入れば値段が高くても買ってしまうという積極的な傾向もある。

photo 第3世代

 第3世代にとっては「進化した従来型ケータイ」。男性65%、女性35%で平均年齢は37.2歳。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信など、従来型携帯の機能を重視して購入し、こうした機能やメールや通話をよく利用している。生活より仕事を重視する傾向があり、新製品はすぐ試すほう。衝動買いをすることもある。

  第1世代 第2世代 第3世代
最初の機種 iPhone 3G/3GS iPhone 4 10年10月以降のAndroid
構成比(%) 40.8 31.2 28.0
男:女 76.7:23.3 61.2:38.8 65.0:35.2
平均年齢 39.6 34.8 37.2
居住地 全国 都市部 全国
平均世帯年収 668万円 562万円 663万円
購入時の最重視 Appleブランド ネットの使いやすさ、利用できるアプリの種類 おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線など従来型携帯の機能
よく使う機能 アプリ、音楽再生、スケジュール管理 ネット閲覧、ネット検索、写真撮影・閲覧、SNS メール作成・閲覧、通話。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線も
生活意識 ファッション/外見をあまり気にしない ファッション/外見を重視、楽しく面白いことが好き 生活より仕事重視
消費意識 買う前に値段をよく比較する、計画的に買い物 ブランド商品にはそれなりの良さがある、自分は買い物上手 品質がいいものは値段が高い、衝動買いをよくする、新製品はすぐ試す
震災前後で利用度が高まった機能 SNS、ニュース閲覧、電子書籍閲覧 通話、ニュース閲覧、SNS ニュース閲覧、通話、ワンセグ視聴

関連キーワード

スマートフォン | 生活意識


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -