ニュース
» 2011年05月25日 07時00分 UPDATE

ネットワークやサーバの「すきま」でデータ通信 KDDI研究所が新技術

ネットワークやサーバの負荷が低い「すきま」の時間を通信モジュールが自動的に見つけて通信する「すきま通信」をKDDI研究所が開発。

[ITmedia]

 KDDI研究所は、M2M(機械−機械間)通信向けの新技術「すきま通信」を開発した。ネットワークやサーバの負荷が低い「すきま」の時間を見つけて通信を行い、設備の利用効率を高め、設備増強コストを抑えることができるとしている。

photo すきま通信のイメージ

 M2M通信モジュールがネットワークやサーバの利用状況を学習し、負荷が比較的低い「すきま」を自動的に見つけて通信を行う。データの転送のタイミングも調整し、アクセス集中を避ける機能も持つ。端末モジュールが学習するため、端末数の増加など状況が変化しても柔軟に対応して「すきま」を見つけ出すという。

 ネットワークやサーバの負荷を平準化し、ピークを抑えることで、設備コストの削減や、集中アクセスに対するサーバの保護などが可能になるとしている。

関連キーワード

KDDI研究所 | 通信モジュール | M2M


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -