ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2011年05月31日 07時00分 UPDATE

ポータブル有機EL照明器具、被災地の避難所に 東芝が開発

東芝が持ち運びできる有機EL照明器具を開発し、東日本大震災で被災した地域の避難所に贈る。

[ITmedia]

 東芝は5月30日、持ち運びできる有機EL照明器具を開発したと発表した。東日本大震災で被災した地域の避難所に贈るために100個製造し、このほど宮城県気仙沼市の避難所に50個を贈った。

photo 手元灯として

 乾電池や太陽光充電池で駆動でき、明るさを携帯電話の画面程度からスタンド程度まで3段階で調光可能。LED照明などと異なり、面で発光するため目に優しく柔らかな光を実現でき、避難所内での読書灯や手元灯などとして活用してもらう。

関連キーワード

有機EL | 有機EL照明 | 東芝


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.