ニュース
» 2011年05月31日 17時12分 UPDATE

移行サーバが不要に:日立、仮想ストレージを機能強化――NetAppのNASやVMwareと連携

日立はHitachi Virtual File Platformに他社ストレージと連携したり、VMwareの管理画面から運用できる機能を追加する。

[石森将文,ITmedia]

 日立製作所(以下、日立)は5月31日、コンテンツデータの集約やストレージ統合を図るファイルストレージ装置「Hitachi Virtual File Platform(以下、VFP)」の機能強化を発表した。

 具体的には、VFPに複数の機種の異なるストレージ(ネットアップのNASおよび、通常のファイルサーバとしてオフィスに散在しているストレージ)を接続し、ダイナミックにデータを統合できる「Universal File Manager for NAS」機能を追加する。これによりユーザーは、移行用のサーバを用意してデータ統合を図る必要がなくなる。

 また今回、VFP上での仮想マシンの作成や、バックアップ/リストア作業などを、ストレージの管理画面ではなくVMwareの管理画面から一元的に実施できるようになった。

 Universal File Manager for NASの価格は147万円(税込)から。6月1日より提供を開始する。

関連キーワード

日立製作所 | VMware | NetApp


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -