ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年05月31日 18時53分 UPDATE

東芝、夏季休暇を最長3週間に

東芝は今夏の節電対策として、東京電力管内のグループ拠点において夏季休暇の日数を追加する。

[本宮学,ITmedia]

 東芝は5月31日、本社を含む東京電力管内のグループ拠点を対象に夏季休暇日数を追加し、最長3週間に設定すると発表した。生産拠点ごとに休暇期間を分散するなどし、政府目標の15%を上回る使用電力削減を目指すとしている。

 本社と東京電力管内の支社では7〜9月にかけて3週間(土日含め21日間)、同管内の生産拠点は7〜8月の2週間(土日含む14日間)を夏季休暇に設定。秋以降の休日や土曜日の一部を出勤日にするなどして対応する。

 具体的な休日は分散化などを考慮した上で労使協議で6月中旬をめどに決定する。

関連キーワード

休暇 | 夏休み | 東芝 | 節電


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.