ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年06月15日 10時50分 UPDATE

Google、家庭用太陽光発電の普及に向けて2億8000万ドルを出資

この基金により、約9000世帯が設置料無料のソーラーパネルシステムをレンタルできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月14日(現地時間)、家庭での太陽光発電の普及を目的とする基金に、2億8000万ドルを出資すると発表した。同社のクリーンエネルギーへの投資額としては過去最高額で、これにより同社のクリーンエネルギープロジェクトへの累計投資額は6億8000万ドル以上となった。

 この基金により、家庭および企業向け太陽光発電システムを販売・リースする米SolarCityが、設置およびメンテナンス料金無料のリースを提供する。顧客は、月額の使用料を支払うだけでソーラーシステムを利用できる。同社はこれまでに約1万5000戸にシステムを設置しているが、その内の1万2000戸はリースでの利用だという。

 solar SolarCityのレンタルシステム「SolarLease」

 例えば電力会社に月額200ドルの電気料金を支払っている家庭の場合、月額50ドルのシステムを借りることで電気料金が月額60ドルに下がり、1月当たり30ドルの削減になるという。米CNNによると、SolarCityはこの基金で7000〜9000戸に設置料無料のリースシステムを提供する見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.