ニュース
» 2011年06月20日 16時30分 UPDATE

ヤマハからiPhone/iPad用MIDIインタフェースとアプリ 「TENORI-ON」もアプリ化

ヤマハがiPhone/iPad用MIDIインタフェース「i-MX1」と対応アプリなど8本を発表。iOS端末を使ってMIDI楽器の直感的なコントロールが可能に。

[ITmedia]
photo

 ヤマハは6月20日、iPhone/iPad用MIDIインタフェース「i-MX1」と対応アプリなど8本を発表した。iOS端末を使ってMIDI楽器の直感的なコントロールが可能になる。i-MX1は7月1日発売で、オープン価格。アプリは既に公開されており、無料/450円/2300円。

photo i-MX1

 i-MX1はCore MIDI対応インタフェース。iPhone/iPod touch/iPad(各iOS 4.2以降)で利用でき、Dockコネクタに差し込んで使う。MIDI INとMIDI OUT端子を備え、iOS端末をシンセサイザーやドラムマシンなどのMIDI対応楽器に接続し、Core MIDIアプリを使った直感的な演奏が可能になる。


 アプリは、4つのフェーダーによってボリュームやモジュレーションなどの音色変化を楽しめる「Faders」(無料)や、iPadからヤマハシンセサイザーの音色を編集できる「Voice Editor Essential」(450円)など。

photo TNR-i

 ユニークなインタフェースを持つ電子楽器「TENORI-ON」をアプリ化した「TNR-i」(2300円)は、iPad/iPhone/iPod touch上にTENORI-ONを再現しただけではなく、iOSのGame Centerを使って最大4人との同時演奏セッションが可能になっている。iPhoneはiPhone 4、iPod touchは第4世代のみ対応。

アプリ名 対応機種 価格
Faders iPad/iPhone/iPod touch 無料
Faders & XY Pad iPad 450円
Keyboard Arp & Drum Pad iPad 450円
Voice Editor Essential iPad 450円
Multi Editor Essential iPad 450円
Performance Editor Essential iPad 450円
Set List Organizer iPad 450円
TNR-i iPad / iPhone / iPod touch 2300円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -