ニュース
» 2011年07月06日 20時09分 UPDATE

Google、「Googleプロフィール」の限定公開機能を削除へ

ソーシャルサービス「Google+」の一般公開に向けて、Googleがユーザーに対し、すべての「プロフィール」を公開設定にするよう告知した。7月31日以降「限定公開」になっているプロフィールは自動的に削除される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、「Googleプロフィール」の限定公開機能を7月31日までで終了する。それ以降、限定公開に設定されているプロフィールは削除される見込みだ。Google+プロジェクトの「公開プロフィール」についてのヘルプページで予告している。

 profile 1

 Googleプロフィールは、Googleサービス上で自分のプレゼンスを示すための情報を設定する機能。例えば「Google +1」の投稿などに、プロフィールで公開している個人情報が反映される。Googleは、ユーザー同士がプロフィールを利用して交流できるようにすることがサービスの向上につながると考え、限定公開ではそれができないことから、すべてのプロフィールを一般公開にすると決定したとしている。

 なお、「プロフィールのセクションごとに公開設定を選択する」というGoogle+のヘルプによると、Google+で設定するソーシャルグループ「サークル」ごとに、公開するプロフィールの項目を選択できる。つまり、一般公開したくないセクションは非表示にできるということだ。ただし、フルネームと写真、性別は必ず公開される。

 pforile 2 Google+のプロフィール設定ページ

 Google検索やGmailなどを使うだけであればプロフィールの設定は必要なく、プロフィールを削除してもアカウントが削除されることはない。だが、Google+の利用には必須で、プロフィールを削除するとGoogle+の投稿やサークルなどのコンテンツも削除されてしまう。

 MashableやSearch Engine Landなどの複数のブログメディアが、限定公開終了の7月31日という日付から、Google+の一般公開が同日以降になるのではないかと予測している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -