ニュース
» 2011年07月07日 09時50分 UPDATE

Android版Google Mapsにオフライン地図や公共機関経路ナビのGPS対応ほか新機能追加

Android版Googleマップに、目的地周辺の地図を事前にダウンロードする機能や、電車で降りるべき駅が近づくとアラートを出してくれる機能などが追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月6日(現地時間)、Android版のGoogle Mapsをバージョン5.7にアップデートした。公共機関の経路検索でもGPSをサポートするなど、複数の新機能が追加された。Android 2.1以上で利用できる。

公共機関経路ナビでのGPS対応

 Google Mapsのドライブおよび歩行者用ナビはGPSを利用しているが、電車などの公共機関を使う場合の経路検索でもGPSによる位置情報が反映されるようになった(β版としての提供)。経路検索結果のページ上で、自分の現在地がリアルタイムで表示されるほか、メールなど他のサービスを利用していても、降りるべき駅に近づくと画面上部にアラートが表示される。

 gps 画面左の青い線上の立体的な円が現在地(左)。スポーツニュースを読んでいても、「次の駅で降車」などのメッセージが表示される(右)

 日本では「国営鉄道、飛行機の国内便、フェリー」で利用できる。なお、この機能はGPSを利用するため、Googleは地上(地下鉄以外)での利用を勧めている。

地図をダウンロード

 Android版Google Mapsでは、バージョン5.0からオフライン機能が追加されているが、今回、オンデマンドで地図をダウンロードできるようになった。データ通信ができない場所に行く場合、事前に地図をダウンロードしておくことができる。これはGoogle Maps Labsの実験的な機能として提供されており、[Menu]→[その他]→[Labs]→[地図をダウンロード]で利用できるようになる。また、[Menu]→[キャッシュ設定]で「携帯で事前に読み込む」をチェックしておく必要がある。

 設定したら、ダウンロードしたい地図上を長押しして表示されるふき出しをタップし「地図をダウロード」をタップするとタップした地点の16キロ圏内の地図がダウンロードされる。ダウンロードした地図は、[Menu]→[その他]→[キャッシュ設定]から開ける。オフラインでも航空写真の表示もできるが、プレイスの検索などには対応しない。

 cashe

経路検索の向上

 経路検索で、交通手段として車か徒歩を選ぶと、ナビのアイコンが表示されるようになった(これまではナビの表示までに数ステップ必要だった)。また、プレイスページの「経路」をクリックすると、直接マップが表示され、交通手段を選べるようになった。

検索機能の向上

 検索結果の候補にアイコンが付いた。これにより、プレイス、以前検索したことのあるキーワード、スターを付けたことのあるキーワードなどが分かる。また、過去に経路を検索したことのあるプレイスが検索候補として表示されるようになった。

 suggest

プレイスの写真ビューワ

 プレイスページに写真のサムネイルが掲載されている場合、そのサムネイルをタップすると写真ビューワが起動するようになった。

 viewer

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -