ニュース
» 2011年07月12日 20時51分 UPDATE

「全Webをソーシャル化」する「Cheerz」 KLabが公開

Webに「ソーシャルレイヤー」を重ねることで、あらゆるWebをソーシャル空間化するという新サービス「Cheerz」のβ版をKLabが公開。

[ITmedia]

 KLabは7月12日、「全てのWebをソーシャル化する」という新サービス「Cheerz」β版の国内サービスを公開した。Webページに「ソーシャルレイヤー」を重ねることで、同じサイト上にいるユーザー同士でコミュニケーションしたり、ページ上の掲示板に書き込むことができる。積極的に海外展開し、年内に100万ユーザーを目指す。

photo

 TwitterかFacebookアカウントで認証・ログインし、Internet Explorer/Firefox/Chrome用のアドオンをインストールして利用する。

 Webページ上にソーシャルな空間をレイヤーとして重ね、あらゆるWebページをコミュニケーションの場にするというコンセプト。閲覧しているWebページ上にはCheerzユーザーがアイコンとして表示され、チャットなどが行える。またWebページごとに掲示板が現れ、コメントの読み書きが可能だ。ページに対し「いいね!」に当たる「Cheer」を付けたり、その反対の「Zreech」を付けてSNSで共有することもできる。

 今年4月に英語版を先行公開しており、デザインやユーザビリティーを改善した上で日本語版をリリースした。世界的なコミュニケーションプラットフォーム化を目指し、今後はモバイル対応や多言語化を進めていく。

関連キーワード

Web | KLab | ソーシャル化


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -