ニュース
» 2011年08月26日 08時07分 UPDATE

Skype、アプリストア「App Directory」を立ち上げ

Skypeもサードパーティー製の有料・無料アプリを集めたアプリストアを立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ルクセンブルクのSkypeは8月25日(現地時間)、アプリストア「App Directory」を立ち上げた。Skypeの利用をサポートするWindowsおよびMacで利用できるサードパーティー製のアプリが集められている。

 skype

 ビジネス、通信内容の記録、デスクトップ共有、ファックスなどの7つのカテゴリがあり、立ち上げ時には23本のアプリが登録されている。ただし、米AppleのApp Storeや米GoogleのAndroid Marketとは異なり、ダウンロードしようとすると各アプリのメーカーサイトに移動する。App Directoryは名称通り、関連アプリのディレクトリ(要覧)のようだ。

 現在有料アプリで最もダウンロードされているのは、4ドル95セントのグループ間画面共有アプリの「InnerPass Screen Sharing」となっている。

 skype 「Get it Now」ボタンをクリックすると、InnerPassのサイトに移動する

 サードパーティーの開発者は、登録ページからアプリを登録できる。有料アプリの場合は、Skypeが売り上げの30%を徴収する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -