ニュース
» 2011年09月20日 09時56分 UPDATE

「Ice Cream Sandwich」リリースは間近:Google、Honeycombアプリのスマートフォン最適化方法を説明

Googleが、ICS以降は1種類のモバイルOSでスマートフォンとタブレットの両方をサポートすることを改めて認めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月19日(現地時間)、Android 3.0(コードネーム:Honeycomb)搭載タブレット向けに作成したアプリをスマートフォンでも利用できるようにする方法を、開発者向け公式ブログで説明した。

 この投稿で、同社のリードテクニカルライターのスコット・メイン氏は「間もなくリリースになる次期Android OSのIce Cream Sandwich(ICS、コードネーム)は大画面も小さな画面もサポートする。今後は1つのバージョンで、すべての画面サイズをサポートする」と説明し、ICS以降は1つのAndroid OSでスマートフォンとタブレットの両方をサポートする計画を確認した。

 ICSの具体的なリリース予定は明示していないが、開発者に対し、現行のHoneycombアプリをスマートフォンにも対応するユニバーサルアプリに改定し、次期OSリリースに備えるよう勧めている。

 ics

 ICS搭載端末第1号は、Googleブランド端末の3モデル目「Google Prime」になるとみられている。米ブログメディアのElectronistaは、Google Primeの発売が11月3日になると予測している

変更履歴:本文および概要部分で「ICS以降で」とすべきところを「Honeycomb以降で」としておりました。お詫びして訂正いたします。[2011/09/20 15:20]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -