ニュース
» 2011年09月27日 13時01分 UPDATE

Windows 8、「Windows Live ID」でのログインでユーザー環境の同期が可能に

Windows 8では、オプション機能として「Windows Live」のIDでのログインが可能で、Windows環境やWebブラウザ、アプリの設定を複数の端末で同期できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月26日(現地時間)、次期OS「Windows 8(コードネーム)」に「Windows Live ID」でログインする機能について説明した。

 同社のYou-Centered Experienceチームのグループプログラムマネジャーを務めるケイティ・フリガン氏によると、Windows 8では、オプション機能として起動時のログインにWindows Live IDを使えるようになる。Windows Liveは、メールやチャット、クラウドストレージなどを提供する同社の総合オンラインサービスだ。

 Windows Live IDでログインすると、Windows 8の設定の多くがMicrosoftのクラウドに保存され、ユーザーはWindows 8を搭載するPCやタブレットで常に同じ環境を利用できるようになる。複数の端末を利用している場合や、1台のPCを複数のユーザーで利用している場合に便利だ。

 Live IDでログインすることのメリットとして、フリガン氏は以下の点を挙げている。

  • Windows設定のほとんど(ロック画面の画像やWebブラウザのお気に入り、エクスプローラの設定など)を同期できる。同期したくない項目は個別にオフにすることも可能
  • いずれかの端末にインストールしたMetroスタイルアプリをログインした別の端末でもインストールし、同じ設定で利用できる
  • WebサイトやWebアプリのログイン資格情報が自動的に同期され、利用時に毎回資格情報を入力せずに済む
  • Windows Live IDでオーサライズしているWebアプリやWebサービス(HotmailやWindows Chatなど)に自動的にログインできる
  • Windows Live IDであれば、パスワードを忘れても、従来のログインパスワードと異なり再設定が可能

 また、企業のIT管理者は、従業員が同期できる項目をグループポリシーで管理できる。なお、企業のドメインに参加しているPCに保存されているログイン資格情報が同期されることはなく、これらはIT管理者の管理下にある。

 フリガン氏は、Windows Live IDでのログインの安全性についても詳しく説明する。例えば、Windows Live IDでのログインに使われるユーザーデータは最小限でしかも暗号化されており、デフォルトでは無線WANには対応させておらず、SSL/TLSで転送されるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -