ニュース
» 2011年10月06日 07時36分 UPDATE

MozillaがMcAfeeのFirefox用アドオンを遮断、クラッシュの原因に

「McAfee ScriptScan」を原因とするクラッシュが頻発しているとして、Mozillaが同アドオンを遮断する措置を取った。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Mozillaがユーザーを保護するための措置として、米McAfeeが提供しているFirefox向けのアドオン「McAfee ScriptScan」を遮断したことを明らかにした。

 Firefox用アドオンのサポートサイトに10月3日付で掲載された告知によると、対象となるのはMcAfee ScriptScanの14.4.0までのバージョン。遮断した理由として、同アドオンを原因とするクラッシュが頻発していることを挙げている。ただし、ユーザーがこのリスクを受け入れるのであれば、利用継続を選ぶこともできるとした。

 MozillaではFirefoxのセキュリティや安定性、パフォーマンスを損なうと判断したアドオンやプラグインなどについて、一定の基準に基づき遮断する措置を取っているという。

 McAfee ScriptScanは、McAfeeのウイルス対策ソフト「McAfee VirusScan」に組み込まれているコンポーネントとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -