ニュース
» 2011年11月16日 10時03分 UPDATE

Google、「+」に代わる逐語検索ツール「Verbatim」を追加

Google検索で検索ツール「Verbatim」を使うと、「もしかして」などと聞かれずに入力した通りの単語を検索できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月15日(現地時間)、検索サービスで入力した検索語を逐語的に検索するための新機能「Verbatim(逐語的、の意)」を発表した。数日中に全ユーザーが利用できるようになる。

 Googleでは独自のアルゴリズムにより、不正確なスペルを入力しても正しいスペルを推測して検索結果を表示したり、直接入力していない同義語(「automotive」と入力した場合の「car」など)を検索結果に含めるようにしている。

 入力した通りの単語を逐語的に検索したい場合は、従来は単語の頭に「+」を付ければ良かったが、「Google+」のページを検索する「Direct Connect」の立ち上げと前後して、+の機能は引用符(半角の“”)に置き換えられた(Googleはこの置き換えの理由を、+の利用が少なかったことと、正しい利用方法があまり普及していなかったこととしている)。

 同社によると、この変更の後、多くのユーザーからもっと手軽な逐語検索手段の提供を求められたため、新機能を追加したという。

 verbatim

 Verbatimを利用するには、検索語を入力すると表示される左カラムの「Show search tools(もっとツールを見る)」をクリックすると表示されるVerbatimをクリックする。

 Verbatimで検索すると、自動スペル修正、検索結果のパーソナライズ、同義語の検索などの機能がオフになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -