ニュース
» 2011年12月05日 17時57分 UPDATE

スク・エニとヤフー、ネットゲーム事業で提携 新作「モンスタードラゴン」公開

スクウェア・エニックスとヤフーがネットゲーム事業で提携。新作ブラウザゲーム「モンスタードラゴン」のオープンβテストを開始し、大規模なプロモーションを展開していく。

[ITmedia]
photo 提携を発表するスク・エニの和田社長(右)とヤフーの井上社長

 スクウェア・エニックスとヤフーは12月5日、インターネットゲーム事業で提携すると発表した。両社による新作ブラウザゲーム「モンスタードラゴン」のオープンβテストを開始し、大規模なプロモーションを展開。スマートフォンなどマルチデバイス展開も進め、成長が続くオンラインゲーム市場で存在感を示していく。

 「モンスタードラゴン」は「Yahoo!ゲーム」上でリリース。プレイヤーは架空の「ドラグニカ大陸で傭兵となり、カードで召喚するモンスターを駆使して大規模なバトルを楽しめる。モンスターには「ファイナルファンタジー」シリーズでおなじみの召喚獣「イフリート」なども登場。ゲーム内でプレイヤーを案内する「ナビゲーター」の声を子安武人さんや中尾隆聖さんらが担当する。基本料金は無料で、Yahoo!JAPAN IDが必要。

photo モンスタードラゴンのWebサイト

 大規模なプロモーションも展開し、ローソンではモンスターカードがもらえるチケットを配布するほか、ゲームの魅力を伝えるテレビ番組を来年1月まで計4回、千葉テレビとテレビ番組で放映し、小島よしおさんとナイツが出演する。東京・秋葉原には12月7日〜1月5日まで約1カ月間、「モンドラカフェ」をオープン。キャラクターの衣装を着たメイドさんの接客で、ゲームをイメージしたオリジナルメニューを楽しめる。

「広く長いお付き合いを」

photo 発表会は東京・六本木のニコファーレで行われ、テーマソングを歌うmihimaruGTやキャラ衣装を着た南明奈さん、お笑い芸人のペナルティー、トータルテンボス、パンクブーブーが登場

 提携では、スク・エニがゲームコンテンツの開発・運営を、ヤフーがユーザー向けサービス提供や外部決済機能、Yahoo!JAPAN上での誘導・宣伝などプロモーションを担当していく。

 両社は昨年5月、Yahoo!ゲーム上でブラウザゲーム「戦国IXA」を公開し、今年11月までに登録ユーザー数は70万人に達した。ヤフーの井上雅博社長は「幅広くサービスを提供するのがYahoo!のありようだ。ゲームも提供したいが、残念ながらみんなが楽しめるゲームを作る才能がヤフーにあるとは思えない。面白いゲームを作る才能にあふれた会社と一緒にやりたいということになった」と説明する。

 スク・エニの和田洋一社長はヤフーとの提携について数年前から話し合ってきたことを明らかにし、「戦国IXAはヤフーと組んでいなければあそこまで訴求できなかった。今後も広く長くお付き合いいただきたいと思っている」と話す。

 ターゲットは、ライトユーザーとコアユーザーの中間になる「ほどよく遊ぶ人」(井上社長)。今後、モンスタードラゴンのスマートフォン版をリリースするほか、来春にはスマートフォン向けの新作リリースも計画している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -