ニュース
» 2011年12月09日 16時34分 UPDATE

「家庭用ゲームと同等」のゲームをChrome上で スク・エニとGoogleが協力

スク・エニがGoogleと協力し、Webブラウザ上で「家庭用ゲーム機向けと同等」のゲームを提供していくGoogleの「Native Client」技術を活用し、12月中に第1弾を公開。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは12月9日、米Googleと協力し、「家庭用ゲーム機向けと同等」のゲームをWebブラウザ上で提供していくと発表した。ブラウザ上でネイティブコードを実行する技術「Native Client」を活用、Chromeブラウザで動作するゲームの第1弾を月内にリリースし、来年中に複数のタイトルを公開するとしている。

photo 第1弾「Mini Ninjas」は近くオープンβを開始

 米Google本社で開かれたNative Clientの発表会に、スク・エニの和田洋一社長が出席し、第1弾ゲーム「Mini Ninjas」を披露した。

 同ゲームは2009年に英Eidos(スク・エニ子会社)がリリースした忍者アクションゲーム。12月中にオープンβサービスを開始する予定で、ダウンロードやインストールなどの操作をしなくてもChromeウェブストアから遊べるという。オープンβの利用には今後リリースされるChromeのβ版(Chrome 17)が必要。

 和田社長は「Native Clientによって、ブラウザ上で家庭用ゲーム機向けネイティブアプリケーションと同等のクォリティのゲーム体験を提供できる。スク・エニはこのテクノロジーを活用し、カジュアルゲームに加えて高品質なゲームを提供し、ブラウザゲーム市場の可能性を広げていく」としている。

 Native Client(NaCL)はWebブラウザ上で安全にネイティブコードを実行するためのサンドボックス技術で、Googleがオープンソースとして公開している。GoogleのWebプラットフォーム部門ディレクター、イアン・エリソン・テイラー氏は「スクウェア・エニックスのようなゲーム開発会社が、Native Clientを活用して高品質で高度なゲーム体験が可能となるコンテンツを提供することを大変嬉しく思う」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -