ニュース
» 2011年12月14日 08時17分 UPDATE

Google、「Google Chrome 16」の安定版リリース マルチユーザーに対応

Google Chromeの新版は、15件の脆弱性に対応した他、1台の端末で複数ユーザーが自分の環境に切り替えてChromeを利用できる機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月13日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Google Chrome 16」(16.0.912.63)をリリースした。

 セキュリティアップデートの他、同期関連の機能が強化された。Chromeの設定にユーザーを登録することで、1台の端末上のChromeを、複数のユーザーが自分の設定に切り替えて利用できるようになった。

Chromeにログイン

 Google Chromeでは、Googleアカウントにログインすることで、複数の端末上のGoogle Chromeの各種設定(ブックマーク、拡張機能、アプリケーション、テーマ、ブラウザの各設定)を同期できる。1台の端末での設定変更は、自動的に他の端末に反映される。同期データはGoogleサーバに転送されるが、暗号化されるので安全だという。

 1台の端末に複数のユーザーの設定を保存し、切り替えて利用する手順は以下の通り。

 これまでメニューバー右端のレンチアイコンをクリックすると表示されていた「Chromeの同期をセットアップ」項目が「Chromeにログイン」という名称に変わり、個人設定のページに「ユーザー」が追加された。

 chrome 1

 「新しいユーザーを追加」をクリックすると新しいウィンドウが開き、タブの左端にアイコンが表示される。このアイコンはこのウィンドウを利用しているユーザーを表す。アイコンをクリックして表示されるプルダウンメニューで「編集」を選ぶと、このユーザーの名前の設定とアイコンの変更ができ、個人設定ページにユーザーが追加される。追加したユーザーで「Chromeにログイン」すると、Googleアカウント入力ウィンドウが表示され、入力したアカウントで使っているChromeと同期する。

 chrome 2

 このマルチユーザー機能では、ユーザー同士が他のユーザーの環境を使うこともできてしまうので注意が必要だ。また、追加したユーザーのデータは端末に保存されるため、ネットカフェなどにある公共の端末でのユーザーの追加はしないようGoogleは警告している。追加したユーザーを個人設定メニューで削除すれば、そのユーザーのデータも端末から削除される。

セキュリティアップデート

 合計15件の脆弱性に対応した。危険度は、Googleの4段階評価で上から2番目に高い「High」が6件、中程度の「Medium」が7件、最も低い「Low」が2件となっている。

 脆弱性情報を寄せた外部の研究者には、1件当たり500〜2337ドルの報酬が支払われた。

 なお、今回のアップデートは再起動が必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -