ニュース
» 2012年01月11日 13時04分 UPDATE

Google Maps利用のWebGLゲームがGoogle+ Gamesに登場へ

Google Mapsをラビリンスに見立てた玉ころがしゲームが、2月にGoogle+ Gamesで遊べるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、Google Mapsを利用するパズルゲームを2月にGoogle+ Gamesに追加する。同社が1月9日(現地時間)に公式YouTubeで公開した紹介動画で明らかにした。

 maps1

 Google+ Gamesは、同社が昨年8月に立ち上げたGoogle+内で遊べるゲーム機能。Angry Birdsや数独などのゲームをサークルのメンバーとリアルタイムでプレイできる。Google Mapsのゲームは、Google MapsチームがWebGLを利用して制作したという。

 動画で紹介されているのは、ラビリンス(いわゆる玉転がし系)ゲームで、立体的なGoogle Mapsの画面を傾けることで青いボールを転がし、ゴールさせるというルールのようだ。

 ゲームには、プレイスやルート検索、昨年11月にAndroid版に追加されたインドアマップなどの機能が盛り込まれている。

 maps 2 玉は屋内も転がる

 このゲームが端末を傾けることで遊ぶモバイル向けゲームなのか、PCでもプレイ可能なのかは不明だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -