ニュース
» 2012年02月18日 19時34分 UPDATE

Google Goggles、世界の紙幣の種類と金額判別が可能に

モバイルアプリのGoogle Gogglesでお札を撮影すると、どこの国のいくらの紙幣かを教えてくれる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月17日(現地時間)、スマートフォンで撮影した写真で検索できるアプリ「Google Goggles」に、紙幣の種類と金額を判別する機能を追加したと、Google+の公式ページで発表した。

 Google Gogglesには撮影したテキストを翻訳する機能があるが、また1つ海外旅行で便利な機能が加わった。

 例えば1万円札をGoogle Gogglesのカメラ機能で撮影すると、検索結果として「Banknote(紙幣)」というカテゴリで「Japan 10,000 Yen」と表示される。

 yen
 dollar

 Googleによると、フランスのフランやイタリアのリラなど、現在は流通していない紙幣を含む「300カ国以上の4万5000種類以上紙幣を認識」するという(国連加盟国は194カ国しかなく、300という数字がどこから出てきたかは不明)。

 Google+のページには、現在は使われていないソビエト連邦時代のルーブル札も正しく認識されたという報告もある。

 なお、画面に表示した加工済みの5000円札を撮影してみたところ、「Japan 5,000 Yen」という検索結果が出るので、偽札かどうかは判断できないようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -