ニュース
» 2012年02月21日 07時52分 UPDATE

Google、IEでもプライバシー設定迂回――Microsoftが明らかに

Microsoftが、GoogleがAppleのSafariだけでなく、Internet Explorerでもプライバシー設定を迂回してユーザー履歴を追跡していると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleがプライバシー設定を迂回してユーザーのWeb履歴を追跡していたのは、米AppleのSafariだけではなかったようだ。米Microsoftは2月21日(現地時間)、GoogleがInternet Explorer(IE)でも同様の迂回を行っていると発表した。

 MicrosoftでIEチームのジェネラルマネジャーを務めるディーン・ハカモビッチ氏によると、Safariの場合とは異なる方法でGoogleがサードパーティーcookieを有効にしているという。IEでは、W3Cによるプライバシー保護の標準規格「Platform for Privacy Preference(P3P)」を利用している。

 MicrosoftはIEユーザーに対し、こうした迂回を回避する「追跡防止」機能のあるIE 9を使い、最新の追跡防止リストを追加するよう勧めている(この機能を有効にする方法はこちら)。

 Googleに対しては、すべてのWebブラウザでP3Pを順守するよう求めたという。

 IEでは、ユーザーが訪問したWebサイトにcookieがユーザーを追跡しないというP3Pポリシーが明記されている場合のみサードパーティーcookieを認めているが、GoogleはWebブラウザがGoogleのcookie利用について認識できないP3Pポリシーを送っているという。Googleのこうした行為は、P3Pのポリシーに反するとMicrosoftは説明する。

 本稿執筆現在、この件に関してGoogleからのコメントはまだない。[追記]その後、Googleは「P3Pが時代遅れであることは周知のこと」として反論した

 Wall Street Journalの報道やセキュリティ研究者の発表で発覚したGoogleのSafariでのプライバシー設定迂回に関しては、米消費者団体Consumer Watchdog(PDF)米下院議員ら(PDF)が米連邦取引委員会(FTC)に対し、Googleを調査するよう要請する公開書簡を送っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -