ニュース
» 2012年02月23日 16時57分 UPDATE

釣りゲーム訴訟でグリーが勝訴 東京地裁、DeNAに配信差し止め・2億3000万円支払い命じる

釣りゲームの著作権を侵害されたとしてグリーがDeNAを訴えていた訴訟で、東京地裁はDeNAによる著作権侵害を認め、配信差し止めと損害賠償の支払いを命じる判決。

[ITmedia]

 自社製の釣りゲームに似たゲームの配信で著作権を侵害されたとして、グリーがディー・エヌ・エー(DeNA)に対し配信差し止めと損害賠償を求めた訴訟の判決が2月23日あり、東京地裁(阿部正幸裁判長)は、DeNAによる著作権侵害を認め、配信差し止めと2億3460万円の損害賠償支払いを命じた。

 DeNAは「主張が認められなかった」として即日控訴した。

 ソーシャルゲームをめぐっては、内容や操作などの類似性をめぐって訴訟が相次いでおり、今回の判決がこれらの訴訟や今後のゲーム開発に影響を与える可能性もある。

画像 モバゲータウンの「釣りゲータウン2」。操作法は釣り★スタとほぼ同じ
画像 GREEの「釣り★スタ」。竿を投げ、浮きが沈んだらボタンを押す。画面上を激しく動く魚が、円に重なったタイミングでボタンを押して釣り上げる

 訴訟は2009年9月、DeNAがモバゲータウン(現Mobage)で配信していた「釣りゲータウン2」が、グリーの「釣り★スタ」に似ているとして、DeNAと開発元のORSOに対し、グリーが配信差し止めと損害賠償を求めて提訴した。

 東京地裁は判決で、著作権法と不正競争防止法に基づき、損害賠償の支払いと「釣りゲータウン2」の配信差し止めを命じた。

 グリー 田中良和社長のコメント 「東京地方裁判所より、ディー・エヌ・エーらによる『釣りゲータウン2』の配信差止及び損害賠償を命じる判決が下され、ディー・エヌ・エーらによる知的財産権侵害行為の違法性が認められたと評価しております。グリーグループは、知的財産権を重要な経営資源の一つと位置付けており、今後もグリーグループの知的財産権が侵害されたと判断した場合には、法的対応を執ることを含め、毅然とした態度で臨んでいく所存です」

 DeNAのコメント ゲーム中に表示される膨大な画面のごく一部について、当社らの主張が認められませんでしたので、主張をすべて認めていただくため、直ちに控訴いたしましたのでお知らせいたします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -