ニュース
» 2012年04月16日 18時53分 UPDATE

今後のTwitterは「フォローしていない情報も表示」「権威ある情報、見やすく」

Twitterは今後、フォローしていないアカウントのツイートも含めて必要な情報が届く機能や、権威のある人の情報を見やすくなる機能などを提供。企業のマーケティングプラットフォームとしての機能も強化し、収益化を推進する。

[ITmedia]

 来日したTwitterのディック・コストロCEOは、4月16日に都内で開いた記者会見で、今後のTwitterについて語った。フォローしていないアカウントからも必要な情報が届く機能や、権威のある人の情報を見やすくする機能などを提供。企業のマーケティングプラットフォームとしての機能も強化し、収益化を推進する。

 Twitterでは現在、1日当たり3億4000万ものツイートが投稿されているという。多数のツイートに大切な情報が埋もれないよう、「ユーザーが必要としている情報を表示させることが重要」とコストロCEO。「アカウントをフォローしていなくても、ユーザーが必要とする情報を浮上させるのが大切」とし、「最近の話題」タブのように、フォローしていないアカウントのツイートからでも、重要な話題を追ったり、その人にパーソナライズされた情報を得られるようにしていくという。

 動画や静止画などリッチコンテンツをより見やすくしていくほか、「権威のある人の情報がより見やすくなる」ようにする。「サッカーの試合なら両チームに所属する選手のツイートが最初に出てくるようにするなど、ハッシュタグ検索しなくても、情報を一元化した場所で見られるようにしたい」

 TwitterのAPIは、企業のマーケティングに使いやすいよう進化させる。「リアルタイム情報発信、配信という能力を活用し、あらゆる端末に情報を発信する真の意味でのリアルタイムプラットフォームにして企業がTwitterをビジネスでより活用できるようにする」

 Twitterは、企業などがTwitter上の自社ページをカスタマイズできる「プロフィールページ」と「ブランドページ」を展開するなど、収益化を急ピッチで進めている。コストロCEOによると、「ビジネスは予想よりうまくいっている」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -