ニュース
» 2012年04月24日 11時07分 UPDATE

Dropbox、「リンクの取得」機能で非ユーザーとのファイル共有を可能に

「Google Drive」発表がうわさされる中、Dropboxが手軽なファイル共有機能を発表した。非Dropboxユーザーでも写真アルバムの閲覧や動画の再生ができる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 クラウドストレージサービスの米Dropboxは4月23日(現地時間)、Dropboxが提供する一意のURLを割り当てることで、読み取り専用でファイルやフォルダを共有できる新機能「リンクの取得」を発表した。この機能によって、Dropboxのアカウントを持っていない人ともファイルやフォルダを共有できる。

 dropbox 1 新機能の説明ページ

 従来Dropboxでファイルを共有するには、Publicフォルダにファイルを移動する必要があった。また、Dropboxのアカウントを持っていない人とは共有できなかった。新機能を使えば、非DropboxユーザーにもDropbox上の写真アルバムを閲覧させたり、動画を再生させたりすることができる。

 リンクを取得するには、Dropbox上の共有したいファイルまたはフォルダにマウスを置くと表示される鎖のアイコンをクリックするだけだ。または、ファイル上で右クリックすると表示されるメニューで「リンクを取得」をクリックすることでもリンクを作れる。

 dropbox 2 「リンクを取得」をクリックすると鎖アイコンが追加される

 鎖のアイコンをクリックすると指定したファイルが表示されるので、そのURLをコピーして共有したい相手にメールやチャットで送付すれば、相手はそのファイルを開ける。写真アルバムをビュワーで閲覧したり、動画を再生することも可能だ。ただし、ファイルの編集はできない。

 dropbox 3 送られてきたURLにアクセスすると、Dropboxにサインインしていなくてもファイルを閲覧できる

 リンクを取得したファイルやコンテンツはそのままだとオープンになったままになるので、必要に応じてリンクを削除した方がいいだろう。リンクを削除するには、ホームの左に並ぶメニューから「リンク」を選び、表示されるリストで「削除」を選ぶ。

 リンクの取得は、モバイルアプリでも可能だ。

 この機能は、有料サービス「Dropbox for Teams」のユーザーに先行で公開されていた。Teamsのユーザーのフィードバックを反映してこのほど一般公開した。

 米Googleが今週にもクラウドストレージサービス「Google Drive」を公開するといううわさがあり、米Microsoftも同日、SkyDriveの強化を発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -