ニュース
» 2012年04月25日 05時50分 UPDATE

「Google Drive」正式発表 GmailやGoogle Docsとの連係や検索機能で差別化

Googleが、うわさのクラウドストレージを正式に発表した。無料容量は5Gバイトで、Googleドキュメントの共同編集や画像を含むドライブ内検索機能などを搭載する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月25日(現地時間)、うわさされていたクラウドストレージ「Google Drive(日本では「Googleドライブ」)」を正式に発表した。

 drive 1

 全ユーザーが使えるようになるには数日かかるようだ。Googleドライブのページを開いて、右上の青いボタンが「使用する」になっていれば、利用できる。

 23日にアップデートが発表された米MicrosoftのSkyDriveと同様に各種プラットフォーム向けアプリも用意されている。Microsoftは対応していないAndroid版もあるが、Windows Phone版はなく、iOSアプリは現在準備中だ。

 先行するDropboxとSkyDriveとの差別化ポイントは、同社の検索技術を生かしたドライブ内検索機能と、Gmail、Google Docs、Google+との連係機能といえる。

無料容量は5Gバイトで有料の「容量プラン」あり

 5Gバイトまでは無料で利用できる。「容量プラン」は月額制で25Gバイトから。同じアカウントで使っているPicasaと共有できる(Picasaの無料容量は1Gバイト)。また、容量プランを購入すると、Gmailの保存容量も自動的に追加されるという。なお、カウントされるのは同期またはアップロードしたファイルのみで、Google Docsのファイルはカウントされない。

容量プラン
保存容量 月額料金(ドル)
25GB 2.49
100GB 4.99
200GB 9.99
400GB 19.99
1TB 49.99
2TB 99.99
4TB 199.99
8TB 399.99
16TB 799.99

 また、同日からGmailの無料容量が従来の7.5Gバイトから10Gバイトに増量された。

iOSアプリは“間もなく”登場

 GoogleドライブはWebブラウザでdrive.google.comにアクセスすることで利用できるが、Mac、Windows、Android向けのアプリも用意されている。アプリをインストールすれば、Googleドライブをフォルダの1つのように扱え、ドラッグ&ドロップでファイルを保存したり、削除したりできる。

 米AppleのiPhoneおよびiPadで使えるiOSアプリは間もなく登場という。

 Android向けGoogle DocsのアプリはGoogleドライブの一部になり、「Googleドキュメント」というアプリはなくなった。

 drive os

保存・編集・共有機能

 Googleアカウントでログインすれば、対応プラットフォームのPCや端末からあらゆる種類のファイルをGoogleドライブに保存でき、自動的に同期される。アップロードできる1ファイルのサイズ上限は10Gバイト。

 PCや端末側に対応アプリがインストールされていなくても、動画、Adobe Illustrator、Photoshopなど、30種類以上のファイルをWebブラウザで表示できる。

 Google Docsの文書は、もちろん編集できる。Google Docsと連係しているので、Google Docsで可能な他のユーザーとの共同編集も可能だ。

Googleサービスとの連係

 以下のように他のサービスと併用できる。

  • GoogleドライブのファイルをGmailのメールに挿入
  • Googleドライブに保存された写真や動画を直接Google+で共有
  • GoogleドライブのChrome拡張機能で、Web上のファイルを直接Googleドライブに保存
  • ドライブ内検索

OCRやGoogle Gogglesを使った高度な検索機能

 Googleドライブ上部の検索ボックスを使用して、ファイルやフォルダ、Googleドキュメントを検索できる。Google検索同様に検索演算子を利用でき、検索ボックスに付属するメニューで、ファイルの種類や公開設定などでファイルの絞り込みもできる。

 drive search 検索ボックス

 Google DocsのOCR変換機能により、スキャンした画像のテキストも検索対象になる。また、Google Gogglesの技術により、画像も検索できる。Google Gogglesが正しく画像を分析していれば、例えば「グランドキャニオン」で検索すると、グランドキャニオンの写真が検索結果として表示されるという。

サードパーティーアプリでファックス送信も

 Chromeウェブストアから、Googleドライブで利用できるさまざまなサードパーティー製アプリをダウンロードして利用できる。

 例えば、Googleドライブのフォルダにあるドキュメントをファックス送信したり、Googleドライブでファックスを受信できるようにする「HelloFax」や、Googleドライブ上の動画をそのまま編集できる「WeVideo for Google Drive」などがある。

 drive store

 Googleは同日、サードパーティーがGoogleドライブアプリを開発するための「Google Drive SDK」も公開した


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -