ニュース
» 2012年05月30日 17時35分 UPDATE

マジコン販売に初の不正競争防止法適用、男逮捕

ニンテンドーDSで不正コピーソフトを起動できるようにするマジコンをネットで販売したとして埼玉県の男が逮捕された。不正競争防止法の適用によるマジコン販売者の逮捕は初めて。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、愛知県警は5月30日、「ニンテンドーDS」で不正コピーソフトを起動できるようにする「マジコン」を販売したとして、不正競争防止法違反(技術的制限手段回避装置の提供)の疑いで、埼玉県三郷市の自営業の男(39)を逮捕した。

 昨年12月1日に改正不正競争防止法が施行され、マジコンなどのアクセスコントロール回避機器の販売に対し、刑事罰が科されるようになった。DS用マジコン販売者に対し同法違反を適用して逮捕するのは全国初という。

 調べでは、男は今年2月14日から3月9日までの間、ネット上の販売サイトを通じ、DSに施された技術的制限手段を回避してコピーゲームソフトの起動を可能するマジコンを3人に対し合計7200円で販売した疑いがもたれている。

 マジコンをめぐっては、任天堂とゲームソフトメーカーが同法に基づき販売業者を提訴し、09年2月に東京地裁がこれを認める判決を出している。

 今年2月にはWiiの改造を代行していた男が改正不正競争防止法の適用で逮捕・起訴され、有罪判決が確定している。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。