ニュース
» 2012年06月08日 07時21分 UPDATE

Facebook上場初日のシステム障害でNASDAQが約4000万ドル補償へ

Facebookの上場に際し、システム障害で損害を被ったとして補償を求めている金融機関に対し、NASDAQが現金と取引手数料の割引で補償する計画を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 NASDAQ市場を運営する米NASDAQ OMXは6月6日(現地時間)、米Facebookの上場に際してシステム障害で取引開始が遅れた結果、一部の金融機関が被った損害について、総額およそ4000万ドルを補償する計画を発表した。

 Facebookは5月18日にNASDAQ市場に上場したが、システム障害が発生したことなどから、NASDAQは取引開始を約30分遅らせた。このトラブルで損害を被ったとして、複数の金融機関がNASDAQに補償を求めている。米証券取引委員会(SEC)は、このトラブルをNASDAQとともに調査すると発表した。

 補償は、現金の支払いと、今後の株式取引手数料の割引で行う計画。現金は総額で1370万ドルで、手数料の割引は6カ月分。総額で約4000万ドルに上るとしている。補償の実施にはSECの承認が必要。

 同社はまた、取引システム全体の徹底的な見直しを米IBMに依頼したことも発表した。

 Facebookの株価は、初値は公募価格を10%上回ったが、公開初日の終値は公募価格とほぼ同じ38.23ドルだった。6日の終値は公開価格を約44%下回る26.31ドルだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -