ニュース
» 2012年06月08日 15時15分 UPDATE

AKB48に便乗する“珍妙な”Androidマルウェア出現

端末内の画像を別の画像にしてしまうAndroidマルウェアが出現。シマンテックは「日本はモバイルマルウェアの先進国」と指摘する。

[ITmedia]

 シマンテックは6月8日、人気アイドルグループ「AKB48」に便乗したトロイの木馬型のAndroidマルウェア「Android.Kabstamper」を発見したとセキュリティレスポンスブログで明らかにした。

 Android.Kabstamperは、AKB48のファン向けニュースアプリに埋め込まれていたという。感染すると、端末に保存されている画像を別の画像に重ね書きする。モバイルマルウェアの多くは金銭の搾取やプライバシー侵害を狙うものが多いが、今回見つかったマルウェアは“珍妙”だという。

 同社は、「日本ではモバイルマルウェアの流行がいち早く現れ、プライバシー侵害に関係するアプリの数も急速に増加している。2012年に入ってから日本のAndroidユーザーを標的にした新しい脅威の数は、前年同期に比べて200%も増えている」と報告している。

tksymc.jpg 感染した端末内の画像に重ね書きされる画像(シマンテックより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -