ニュース
» 2012年08月01日 08時48分 UPDATE

Microsoft、新生「Outlook.com」を発表 ソーシャル機能搭載でGmailに対抗

Microsoftが新Webメールサービス「Outlook.com」のプレビュー版を公開した。Facebook、Twitter、LinkedIn、Google、Skypeの連絡先を統合できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月31日(現地時間)、Webメールサービス「Outlook.com」を発表した。従来のデスクトップメールクライアントではなく、米GoogleのGmailのような、Webメールサービスだ。同日からプレビューに参加できる。

 outlook 1 ログインページ

 「@outlook.com」の新規アカウントを無料で作成できる他、Microsoftアカウント(旧Windows Live ID。@live.com、@msn.com、@hotmail.comなど)でログインすることもできる。この場合、そのアカウントの受信トレイやアドレス帳情報が引き継がれる。

 Outlook.comにMicrosoftアカウントでログインすると、設定(歯車アイコン)に「Hotmailに戻る」という項目があり、位置付けとしてはHotmailに代わるWebメールサービスのようだ(現在はHotmailも利用できる)。

各種ソーシャルサービスの統合

 Outlook.comのアドレス帳には、Facebookのメールアドレス、TwitterとLinkedInの知り合い、Googleの連絡先をインポートできる。間もなくSkypeの連絡先のインポートも可能になる。受信トレイでは、受信メールを表示した状態でそのメールの送信者のTwitterやFacebookでのアクティビティが写真とともに表示される。また、Outlook.com内で連絡先の相手とチャットやビデオチャットができる。

 outlook 2 ソーシャルサービスの情報をインポートすると、受信ボックスに相手のアクティビティが表示される

モバイルにも対応

 Windows Phone端末はもちろん、米GoogleのAndroidや米AppleのiOS端末からOutlook.comにアクセスすると、モバイル対応のユーザーインタフェースで利用できる。

 Android Android端末で表示したOutlook.com

SkyDrive、Office Web Appsとの連係

 メールに添付したOffice Web Appsのドキュメントを、受信トレイ内で表示・編集できる。SkyDriveと連係しているので、添付ファイルのサイズを心配する必要もないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -