ニュース
» 2012年08月08日 19時04分 UPDATE

赤い惑星のファーストショット Curiosityから初のカラー写真

火星に着陸した探査機「Curiosity」から初めて送られてきたカラー写真を公開された。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は、8月6日に火星に着陸した探査機「Curiosity」から初めて送られてきたカラー写真を公開した。

photo Curiosityが撮影した火星=NASA提供

 写真には赤い火星の大地が写っており、遠くに見える山並みは、Curiosityが着陸した「ゲールクレーター」(Gale Crater)の北側の縁に当たる部分だという。

 撮影は、ロボットアームに取り付けられたMars Hand Lens Imager(MHLI)で行われた。画像がぼやけているのは着脱可能で透明なダストカバーを通して撮影しているからだという。ダストカバーは1週間ほどで開かれ、より鮮明な写真を撮影。火星表面を詳しく調べるため、MHLIは最短2.1センチのマクロ撮影が可能になっている。

 Curiosityにはこれまでの火星探査ローバーと同様、米Wind RiverのリアルタイムOS「VxWorks」が採用されている

photo MHLI(Mars Hand Lens Imager)はロボットアームに取り付けられている。左側で立っているカメラはマスト部に取り付けられたMastcamだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -