ニュース
» 2012年09月03日 05時35分 UPDATE

Facebook、ページへの無効な「いいね!」の削除機能を強化 「影響は1%以下」

Facebookは、企業がプレゼンス強化に活用している「ページ」への、いわゆる水増しのファンを識別・削除するよう自動システムを強化した。平均して1%の「いいね!」が削除される見込みとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは9月1日(現地時間)、企業向けタイムライン「Facebookページ」への無効な「いいね!」の自動削除機能を強化すると発表した。平均すればページの1%のいいね!が削除される見込みという。

 Facebookページは、Facebookの説明によると、企業やブランドがユーザーに向けて情報や広告を発信するためのサービス(個人でも利用できる)。ページのいいね!をクリックしたユーザー(=そのページの「ファン」)のニュースフィードに企業の情報を表示できるので、いいね!数が多いほど企業のプレゼンス強化につながる。なお、個人アカウント(いいね!数の上限は5000人)と異なり、いいね!数に制限がない。

 page Facebookページの作成は「ビジネスを成功させるための」最初のステップ

 Facebookが削除するのは、いいね!獲得を目的とするマルウェアによるもの、偽アカウントによるもの、だまされてクリックしてしまったユーザーのもの、販売業者からバルクで購入したもの、など。こうしたいいね!を識別し、対処するよう自動削除システムを強化したという。

 Facebookは、こうした無効ないいね!はFacebookの利用規約に反するだけでなく、企業にとってもメリットにならず、本当にそのページに興味のあるユーザーとだけつながる方が企業とユーザーの双方にとって有益だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -