ニュース
» 2012年09月11日 08時30分 UPDATE

HP、Windows 8搭載のハイエンドオールインワンPC「SpectreONE」 NFCも搭載

HPがWindows 8搭載のオールインワンPCを4モデル発表した。AppleのiMac似のハイエンドモデル「SpectreONE」にはキーボードとマウスの他、タッチパッドが付属し、スマートフォンとデータを送受信できるNFC機能を搭載する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は9月10日(現地時間)、米Microsoftの次期OS「Windows 8」搭載のオールイン型デスクトップPC4モデルを発表した。「HP Envy 23 TouchSmart」(999ドルから)と「HP Envy 20 TouchSmart」(799ドルから)、エントリーモデルの「HP Pavilion 20」(449ドルから)は10月中に、ハイエンドモデルの「HP SpectreONE」(1299ドルから)は11月14日に米国で発売する。

 ハイエンドモデルのSpectreONEは、23.6インチ(解像度:1920×1080)の高精細ディスプレイ(タッチ操作非対応)を支えるネックの部分にプロセッサやSSDを組み込んだオールインワンタイプのPC。ディスプレイ部分の厚さは11.5ミリで、HPはオールインワンモデルとしては市場で最も薄いPCの1つだとしている。キーボード、マウス、10本指対応のタッチパッド(いずれもワイヤレス)が付属する。

 specreone SpectreONE
 back SpectreONEの背面

 プロセッサはIntelの“最新モデル”(詳細不明)、1GバイトのNVIDIAの GeForce 610m GPUを搭載する。RAMは6Gバイトでメモリカードリーダーを備える。ストレージはSSD(容量は不明)。

 NFC(HPは「TouchZone」と呼んでいる)機能はディスプレイの台座部分に搭載されており、NFC対応のスマートフォンなどの端末をかざすと、端末内のデータをPCに転送したり、タグをかざすことでログインしたりすることができる。USB 2.0とUSB 3.0のポートが2つずつと、HDMIポート、イーサネットポートを備える。Wi-Fi内蔵。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -