ニュース
» 2012年09月19日 08時36分 UPDATE

Twitterの公式モバイルアプリ、サードパーティー製画像アプリが選択不能に

今回のアップデートで、Twitterの公式モバイルアプリでの画像アップロードにyFrogやTwitPicなどのサードパーティーアプリを使えなくなった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterの公式モバイルアプリのアップデートにより、画像の添付にサードパーティー製アプリを使えなくなった。

 旧バージョンでは、[アカウント]→[設定]→[詳細設定]画面に[画像サービス]という項目があり(iOSの場合)、ここで公式アプリ以外のサードパーティー製アプリ(yFrog、TwitPic、Mobypicture、Twitgoo、Posterous、img.ly)を選択できた。これが、新バージョンでは[画像サービス]という項目自体がなくなった。[動画サービス]はまだ残っているが、これはTwitterの公式アプリに動画アップロードの機能がないからだろう。

 photo 1 旧バージョンアプリの詳細設定では画像サービスを選択できた
 photo 2 新バージョンでは[画像サービス]という項目自体がない

 TwitterはAPIや開発者向けのガイドライン変更など、“ユーザー体験の統一”のための改革を行っており、公式アプリでサードパーティー製アプリを利用できなくすることも、その一環のようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -