ニュース
» 2012年09月19日 10時33分 UPDATE

Google、新たなパンダアップデートを実施 影響は1%以下

Googleが累計19回目になる検索結果向上目的の検索アルゴリズム変更「パンダアップデート」を実施すると発表した。今回影響を受けるクエリは0.7%以下としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月18日(現地時間)新たな「パンダアップデート」を実施すると発表した。今回のアップデートの影響を受ける検索クエリは全体の0.7%以下という。

 panda 公式Twitterでの発表。リンク先は2011年2月の公式ブログ

 パンダアップデートとは、Googleが2011年2月から不定期に実施している検索アルゴリズムの改変のことだ。質の低いサイトの検索順位を下げ、検索結果を向上させるのが目的。「パンダ」は正式名称ではないが、Googleは公式発表でもこの名称を使っている。ちなみに、“ブラックハットWebスパム”対策のアルゴリズム変更は「ペンギンアップデート」と呼ばれている。

 米Search Engine Landによると、今回のアップデートは累計で19回目になるという。最初のアップデートでは約11.8%のクエリがアップデートの影響を受けた。

 Googleは7月から日本語版と韓国語版でもパンダアップデートを実施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -