ニュース
» 2012年10月12日 08時47分 UPDATE

次期Microsoft OfficeがRTMに 正式版リリースは2013年第1四半期

サブスクリプションベースのユーザーやTechNetおよびMSDN加入者は、11月中旬にRTMをダウンロードできる。Windows RT端末に搭載されるのはプレビュー版になる見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月11日(現地時間)、「New Office」(パッケージ製品など永続ライセンスのラインアップの「Microsoft 2013」およびサブスクリプションベースのOffice 365などの現在のところの総称)がRTM(製造工程向けリリース)になったと発表した。

 ボリュームライセンスユーザー、TechNetおよびMSDN加入者は11月中旬にRTMをダウンロードできるようになる。企業向けOffice 365の加入者も、同時期に新機能を利用できるようになる。

 正式版のリリースは、2013年第1四半期(1〜3月)になる見込み。10月19日から、「Office 2010」を購入したユーザーには無料アップグレードサービスを提供する。

 10月26日にWindows 8とともにリリースされるARM版OSのWindows RTにはOfficeが標準で搭載されるが、同日発売のMicrosoftオリジナルタブレット「Surface」などには正式版リリースまでNew Officeのプレビュー版が搭載される。

 office 日本語では「新しいOffice」となっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -