ニュース
» 2012年10月12日 11時40分 UPDATE

Google、ストリートビューで“史上最大規模の”アップデート

Googleが、ストリートビューの画像を世界の25万マイルの道路で新しくし、カバー地域を拡大し、「スペシャルコレクション」も増やした。ストリートビューは現在、iOS 6のブラウザで表示するGoogle Mapsでも表示できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月11日(現地時間)、Googleマップのストリートビューに、“Googleマップ史上最大規模の”アップデートを実施したと発表した。

 世界の25万マイル(約40万2300キロ)以上の道路のストリートビューをアップデートし、カバー地域を増やし、世界遺産や観光地などを仮想散歩できる「スペシャルコレクション」を多数追加したという。

 カバー地域が増えたのは、シンガポール、マカオ、スウェーデン、米国、タイ、台湾、イタリア、英国、デンマーク、ノルウェー、カナダ。スペシャルコレクションは日本、スペイン、フランスなど数カ国で追加した。

 Googleは、米AppleがiOS 6のマップアプリでGoogle Mapsのエンジンを採用しないと発表したころから、Googleマップの新機能を従来より頻繁に発表している。iOS 6のマップアプリはリリース直後から正確な地名が表示されないなどの不具合が多く、ティム・クックCEOは代替ツールとしてWeb版のGoogle Mapsやサードパーティー製アプリをユーザーに推奨した

 iOS 6では、10月初頭からWebブラウザ版のGoogle Mapsでストリートビューを表示できるようになっている

 ekaterina スペシャルコレクションの1つ、サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -