ニュース
» 2012年10月25日 10時35分 UPDATE

「Kindleストア」オープン 紙の本より「○%オフ」の“Kindle価格”表示 アプリ日本語版も公開

「Kindleストア」がオープン。電子書籍の価格を「Kindle価格」として表示し、電子書籍が紙よりどれぐらい安いか確認しながら購入できる。

[ITmedia]
画像 左メニュー「Kindle」か、検索窓の「Kindleストア」からアクセスできる

 アマゾンジャパンは10月25日、24日に国内で予約受付開始した電子書籍端末「Kindle」向けの電子書籍ストア「Kindleストア」をオープンした。5万冊以上の日本語書籍をラインアップ。紙の本の価格を表記した上で、電子書籍の価格を「Kindle価格」として表示し、電子書籍が紙よりどれぐらい安いか確認しながら購入できる。

 Kindleストアの書籍をiOS端末/Android端末で読めるアプリの日本語版も公開。無料でダウンロードできる。


画像 Kindleストアトップページ

 角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、集英社、小学館、新潮社、文藝春秋などが書籍を提供し、コミックス1万5000冊と、1万冊以上の青空文庫の無料書籍を含む5万冊以上の書籍をラインアップ。書籍販売ランキング上位の本の多くが、Kindleストアで購入できるという。

 トップページでは、Amazonで先行配信されているタイトルや、ジャンル別のベストセラーを紹介。「少年コミック」「女性コミック」「ノンフィクション書籍」などジャンルごとに検索したり、レビューの点数や発売日ごとに絞り込み検索も可能だ。


画像 書籍ごとのページで、紙の本と価格比較できる。大手出版社のコミックスは、価格に「出版社により設定された価格です」と書かれているものが多い

 書籍ごとの販売ページには、電子書籍の価格を「Kindle価格」として表示。同じ本の紙版の価格と比べて何%オフかを確認できる。紙版の新品価格、Amazonマーケットプレイスの中古価格と比べられる表も備えた。紙の書籍を検索した場合も同表が表示され、Kindle版との価格を比べられる。

 大手出版社のコミックスや書籍は、Kindle版の価格に、「出版社により設定された価格です」と書かれているものが多く、出版社が価格決定権を握っている本が多いようだ。

 Kindleストアの「Kindle無料アプリ」のメニューからは、iOS端末、Android端末のアプリダウンロードページにアクセスできる。端末にインストールすれば、Kindleを持っていなくても、Kindleストアの書籍を購入・閲覧できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -