ニュース
» 2012年10月29日 02時18分 UPDATE

大手銀ネットバンクでログイン後に不正ポップアップ、情報取得入力促す ウイルス悪用か

ゆうちょ銀、三井住友銀、三菱東京UFJ銀のネットバンクで、ログイン後にポップアップ画面が表示され暗証番号などの入力を求められるケースが起きている。

[ITmedia]

 ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のネットバンクで、ログイン後にポップアップ画面が表示され、暗証番号などの入力を求められるケースが起きている。ログイン後に不正ポップアップを表示させるウイルスに感染したPCで起きるとみられ、各行が注意を呼び掛けている。

photophoto ゆうちょ銀行と三菱東京UFJ銀行で表示された不正ポップアップのイメージ

 ゆうちょ銀行では顧客の合言葉・インターネット用暗証番号を、三井住友銀行(SMBCダイレクト)では、暗証番号などを、三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト)では契約カード裏面の乱数番号表の数字全てを入力させるポップアップが、それぞれログイン後に表示されるケースが報告されているという。

 各行とも「ポップアップ画面を表示して暗証番号の入力を求めることはない」として注意を呼び掛け、誤って入力した場合は暗証番号などの変更を、またこうした画面が表示される場合はウイルスに感染している可能性があるとして、ウイルス対策ソフトによるチェックやPCの初期化をすすめている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -