ニュース
» 2012年11月19日 13時50分 UPDATE

1分間に250ページ「世界最速レベル」のブックスキャナー、DNPと東大が開発

DNPと東大の研究チームは、1分間に250ページの速さで書籍をスキャンできるブックスキャナーを試作。来年度中の実用開始を検討する。

[ITmedia]

 大日本印刷(DNP)と東京大学の研究チーム(石川正俊教授、渡辺義浩助教)は11月19日、1分間に250ページの速さで書籍をスキャンできるブックスキャナーを試作したと発表した。スキャン速度は「世界最速レベル」という。図書館蔵書の書籍電子化サービスなど向けに、DNPの工場で来年度中の実用開始を検討。外販も検討する。


画像画像

 書籍のページを切り離さず、冊子体のままで高速スキャンが可能なスキャナー。1分間に250ページの高速ページめくり装置を搭載し、ページをめくる時の紙面の3次元形状を秒間500回の速度でとらえ、最も高品質に電子化できる瞬間をリアルタイムに識別、400dpiの高精細カメラで撮影する。

 撮影された画像と紙面の3次元形状データを用い、平面の書籍画像に復元する独自の補正技術を搭載。撮像と同時に補正できるという。試作機はフル仕様でないため、補正スピードは1分当たり120ページだが、演算処理装置の並列化などにより、1分当たり250ページの補正が可能になるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -