ニュース
» 2012年11月26日 17時25分 UPDATE

カヤック、iPhone向け電子書籍を個人が出版できる「Paberish」公開

iPhone向け電子書籍を個人が出版・販売できるサービス「Paberish」をカヤックが公開した。

[ITmedia]
画像

 カヤックは11月26日、個人が電子書籍を出版・販売できるサービス「Paberish」(ペイバリッシュ)を公開した。専用エディタを使ってテキストや画像などをまとめ、縦スクロールで読む電子書籍「スクロールブック」としてiPhone向けに販売できる。

 Facebookアカウントでログインし、専用のエディタでテキストや画像、表などをまとめてコンテンツを編集。価格を設定して販売を申請する。申請後2〜7日程度でAppleが審査。審査に通れば、ストアアプリ「Paberish」でスクロールブックが発売される。

 価格は85円から設定可能。販売価格の40%が販売者の取り分になる。初めて出版する際は、ストアアプリを通じて10人の読者から、その著者のスクロールブックを読みたいという意思表示を集める必要がある。

 第1弾として、AR三兄弟の川田十夢氏さんや、“うるさい人を黙らせる装置”で今年イグノーベル賞を受賞した栗原一貴さんなどがスクロールブックを販売中。今後はHTMLやEPUB形式のインポート・エクスポート機能を実装するほか、執筆編集エディタのAPIも近日公開する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -